縮小して縮小して・・・

お世話になります。
周期関数を使って、例えば、sin(x^2+y^2)=t としてt を変化させて無数の円を描きます。画面を縮小して、さらに縮小して進めていくと、干渉縞が現れてきます。大変美しいのです。その状態を越えてさらに縮小を続けていくと、ある時を期して突然拡大されたような映像が顕れます。
これは、何を観ているのでしょうか。お教えいただけたら嬉しいです。

田大進吉 2019/08/15(Thu) 21:53 No.2556
Re: 縮小して縮小して・・・
画面はピクセルで構成されています。
例えば,画面が1000x1000のピクセルで構成されているとしましょう。
そうすると,画面にはあなたが描いたたくさんの円と,縦横1000本ずつの細い線が描かれているように見えます。
同心円の幅が広いうちは何も見えませんが,狭くなってくると,縦横の線と干渉を起こし,モアレが生じます。

画像は,同心円と平行線によるモアレです。ご指摘のものは,これにさらに横線が加わったものと考えられます。

ともだ 2019/08/17(Sat) 13:49 No.2558
Re: 縮小して縮小して・・・
モアレは薄いカーテンなどでよく見受けられますが、
これ、干渉縞の模様からもう少し研究してみます。
ありがとうございました。
田大進吉 2019/08/24(Sat) 06:44 No.2561
Re: 縮小して縮小して・・・
モアレについて検討してみました。
むしろ、モアレ等を理数的に解析できる方法だということが分かってきました。
本ソフトウェアのもう一つの活用法が見つかりました。
ありがとうございます。
田大進吉 2019/08/28(Wed) 11:24 No.2563
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -